お知らせ

当社は、昭和43年創業以来、士別・道北を中心に地域の建設業を担う企業として今日至っております。
今日、少子高齢化、入口減少、子算の長期低落など厳しい状況ではありますが。
地域の安心安全の礎となる道路・河川など社会基盤の維持に取り組んでおります。
当社としては、建設業を通して地域社会に貢献し、常に皆様のお役に立つことを使命とし取り組んでまいりました。
また、地域の一員として誇りを持ち、皆様のより良い評価を得る事を一番の成果としてまいりました。この間、配慮が行き届かないことなど、多くの失敗があったことと思いますが、幸いにして皆様の温かいお心により、50年にわたる社業を築くことが出来、心からお礼を申しあげます。

しずお建設運輸株式会社
代表取締役 有塚一昭

<会社概要>

会社名しずお建設運輸株式会社
所在地095-0002
北海道士別市東2条北3丁目17番地
TEL0165-23-5135
FAX0165-23-1940
代表取締役有塚 一昭
設立年月日1971年4月26日
資本金4000万円
建設業許可土木工事業 知事(特-24)上第00414号
建築工事業、とび、土工工事業、舗装工事業、
造園工事業、水道施設工事業
取引銀行北洋銀行、北海道銀行、北星信用金庫
主な取引先北海道開発局、北海道、士別市、日本甜菜製糖

<会社沿革>

昭和43年1968年故佐藤静男 個人事業として建設業を創業
昭和46年1971年法人設立 しずお建設株式会社 設立資本金300万円
昭和48年1973年増資 資本金 600万円
昭和50年1975年増資 資本金 1,000万円
昭和50年1975年増資 資本金 3,000万円
昭和50年2004年しずお運輸株式会社設立 資本金1,000万円
平成23年2008年増資 資本金 4,000万円
平成26年2011年かわにしの丘しずお農場株式会社 資本金1,000万円


確かな技術力で
地域社会の安心・安全と
信頼に応え続けます。


<高規格道路・一般道路・河川工事>

一般国道40号線(中川町)下琴平改良工事
/旭川開発建設部(H29.5)
28年災526号ホロベツナイ川災害復旧工事
/北海道(H29.10)
一般国道40号線(音威子府町)音威子府改良工事
/旭川開発建設部(H28.7)
天塩川 特対砂防工事(道債)/(H28.3)
一般国道40号線(中川町)宮下改良工事
/旭川開発建設部(H28.6)
石狩川砂防事業の内忠別川上流床固工工事
/旭川開発建設部(H26.3)
雨竜旭川線防災B(地方道)工事(北一線橋)
/北海道(H29.8)
石狩川改修工事の内
牛朱別川緑橋上流堤防強化外工事(H26.3)
3・5・15西広通道路改良工事第4工区
/士別市(H28.11)
空知川農地防災事業空知川頭首工第三期建設工事
/旭川開発建設部(H26.3)
剣淵川 応急対策工事/北海道(H29.10)富良野川改修工事ヌッカクシ分水路地区4工区工事
/北海道(H26.10)

<上下水道・公園工事>

第2工区中央通り下水道新設工事
/士別市役所(29.7)
環境センター汚水管整備工事その1
/士別市役所(27.10)

<農業土木>

経営体風連東第3地区61工区/北海道(29.7)経営体名寄東地区21工区/北海道(27.3)
山部二期農業水利事業 山部頭首工建設工事
/北海道H27.8)
経営体(水利事業)和寒中部外2地区62工区
/北海道(27.6)
経営体和寒東部第2外4地区81工区
/北海道(H28.3)
経営体名寄東地区64工区/北海道(26.5)
経営体名寄東地区63工区/北海道(28.5)

<解体工事>

旧上士別中学校解体工事
/士別市(H28.7)
栄団地解体工事/士別市(H26.11)
つくも団地B棟予定地解体工事
/士別市(H27.10)
募集職種土木技術者
募集対象1級土木施工管理者 2級土木施工管理者
勤務地北海道、東北各県
給与280,000円 ~諸手当
通勤手当/健康保険料補助 他
勤務時間8:00~17:00
休日休暇週休2日制、夏期休暇、年末年始休暇、年間休日108日
福利厚生各種社会保険完備/借上社宅制度/財形貯蓄制度/他
応募方法履歴書と職務経歴書をメールまたは郵送でお送りください。
資料請求先総務部

<車でお越しの場合>
札幌北インターから約2時間30分
士別・剣淵インターから約10分

 

 

<電車でお越しの場合>
札幌駅からJR特急宗谷 約2時間10分
士別駅から弊社までタクシー約8分